スポンサーリンク

『あげくの果てのカノン』 第18話 ネタバレ

SLCに戻った境先輩は、休憩もほとんど取らずに駆除にあたっていました。

 

そんな中でも「かのん」の安否を考えていました。

 

 

5日前

ヘリコプターの中で、宗介は初穂がゼリーを逃がした犯人だと知らされます。

 

その様子が防犯カメラに映っていたのです。

 

 

そして、運ばれてくる負傷した隊員をみて、2年前初めて修繕をした日を思い出します。

初穂が見舞いにも来てくれて、仕事の評価も上々でした。

 

 

1体目、2体目、3体目とゼリーを駆除します。

 

次から次へと出てくるゼリーを黙々と駆除する中、終わったら次は高月さんとどこへ行こうかと考えていました。

 

そんなことを考えていると、一瞬のスキを突かれて指輪ごと左手が切断されます。

 

 

離れる指輪をみて、3年前を思い出します。

 

出勤前の初穂との微笑ましいやり取りでした。

 

隊員は私服出勤でしたが、宗介は初穂がスーツの方がかっこいいと言っていたという理由で

スーツを着ていました。

 

ネクタイも初穂に選んでほしい。

 

しかし、本当は変わらない習慣が欲しかったのです。

 

修繕で自分を見失うのが怖かった…。

 

 

 

度重なる戦闘で疲れ切った宗介は、雨の中、嘔吐します。

 

目の前にはまた新しいゼリーが現れます。

 

 

13年前、宗介はゼリーの襲来で母親を亡くしていました。

 

小さい頃から母親は仕事でほとんど家に居ませんでした。

 

20年前、祖母に預けられ、14年前、母の都合で東京に引っ越します。

 

そんな勝手な母親に嫌気も感じていました。

 

 

目の前に現れたゼリーにハンドガンで応酬しますが、近くで二人の子供を発見します。

 

どうやら逃げ遅れた様子。

 

ゼリーを遠ざけようとしますが、触手がわき腹を貫通します。

 

もうろうとする意識の中、自分の変化について考えます。

 

変化して何が悪い。ずっとなんてあるわけない…

 

力を振り絞ってナイフをゼリーに突き立てます。

 

初穂…君以上に聡明な人はいないと思っているよ。

かのん…君の異常なほどの情熱に憧れていたんだ。

 

どちらも本当の気持ちだった。

 

ずっとそう思っていたかったのに、僕は変わってしまう。

 

 

狂気さえ感じる表情でゼリーを駆除する境先輩。

 

逃げ遅れた少年二人は、目の前でその光景を見ていました。

 

 

『あげくの果てのカノン』 第19話

 

『あげくの果てのカノン』 第17話

 


 

【あげくの果てのカノン】をじっくり試し読みするなら

 

『まんが王国』

 

がオススメです。

 

『まんが王国』はこちら

 

 

アマゾンで購入はこちら

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

【厳選】探偵事務所ランキング