スポンサーリンク

『あげくの果てのカノン』 第14話 ネタバレ

場が騒然とする中、最初に動いたのは初穂でした。

 

傘も刺さず、雨の中立ち尽くす二人に傘を差しだします。

 

良かったら使って?と優しく微笑みながら。

 

弟が勘違いしているだけだと言い、「かのん」もすかさず謝ります。

 

そして、境先輩も「かのん」を見てただの友達だと言います。

 

「携帯が壊れていて連絡がつかないから、何か行き違いがあったのかも。」

 

「ごめんね高月さん、また連絡する」

 

そういって境夫婦は去っていきました。

 

 

先輩が私のことを忘れていなかった。

 

連絡もすると言ってくれた。

 

嬉しそうに一気に話す「かのん」でしたが、その顔は泣いていました。

 

 

翌日、今までの先輩との関係は無かったことになるのだろうか。

 

全部私の妄想なのだろうか。

 

そんなことを仕事中も考えていると、初穂さんが目の前に現れます。

 

傘の件を思い出しすぐに届けると言う「かのん」ですが、初穂さんはその件ではないと言います。

 

そして、急に頭を下げ、この前「かのん」一人が泥をかぶる展開になったことを謝るのでした。

 

「今日はあなたとお話がしたいの…」

 

まさかの展開に戸惑いますが、お互いに同じ人が好きで、その人について語り合えることに喜びを感じていました。

 

しかし、初穂さんが「かのん」の使う万年筆に気付いたのと同時に、

「かのん」もポストに入っていた万年筆を思い出します。

 

この人は、私を許してなんかいない。

 

そのことに気付いた瞬間、「かのん」はその場に居れなくなり、お金を置いて席を立ちます。

 

 

帰宅した初穂は、宗介に二人で甘いものが食べたいと言います。

 

当然、宗介が甘いものを買いに行くとしたら「かのん」の喫茶店だということはわかっていました。

 

そして、自分は少し仕事があるから1時間くらい家を空けるとも言います。

 

必ず宗介はあの女の元から自分の元へ戻ってきてくれると信じて。

 

 

予定通り宗介は「かのん」の喫茶店に行きました。

 

この前の騒動を謝る境先輩に対して、「かのん」は初めて先輩に怒りをぶつけます。

 

 

そして1時間以上が過ぎ、約束の時間に初穂は自宅に電話をかけます。

 

宗介がでることを信じて。

 

しかし、電話には誰も出ませんでした。

 

宗介はまだあの女のところにいる。

 

自分の元へは戻ってこなかった。

 

そんな現実を突きつけられ、涙が止まりません。

 

そして初穂は弟のヒロを呼び出すのでした。

 

『あげくの果てのカノン』 第15話

 

『あげくの果てのカノン』 第13話

 

 


 

【あげくの果てのカノン】をじっくり試し読みするなら

 

『まんが王国』

 

がオススメです。

 

『まんが王国』はこちら

 

 

アマゾンで購入はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

【厳選】探偵事務所ランキング