スポンサーリンク

『あげくの果てのカノン』 あらすじ

主人公は「高月かのん」。23歳の女性です。

 

「かのん」が小学生の時、突如ゼリー状のエイリアンが襲来します。

 

これによって地上は壊滅的なダメージを負い、人々は地上に残る「地上民」と地下に避難した「地下民」に分かれるようになります。
※「かのん」は地上民です。

 

地上では晴れ間はほとんど無くなり、現在でも政府の特殊部隊(SLC)とエイリアンの戦闘が度々起こっています。

 

そんな中、「かのん」は地上の喫茶店でアルバイトをしています。

 

なぜ、この喫茶店でアルバイトをしているのか。

 

それは高校時代から約8年間ずっと片思いをしている「境宗介」先輩が、

偶然その喫茶店に出入りしているのを目撃したからでした。

 

「かのん」の先輩への想いはとてもとても一途です。

 

その想いは、もはやストーカーの域。

 

先輩の写真を隠し撮りして本にまとめたり、音声を録音・パソコンには先輩のデータが山のように保存されています。

 

少し病気的な程に先輩のことが好きな「かのん」。

 

しかし、そんな境先輩は高校を卒業後、

政府の特殊部隊に入隊し、今や地球を守るヒーローとなっていました。

 

どんどん遠い存在になる先輩…。

 

しかしある日、目論見通り?に先輩が自分がバイトをしている喫茶店にケーキを買いに来ます。

 

8年ぶりに再会した境先輩に「かのん」のテンションは最高潮です。

 

しかし、先輩には超美人な妻がいました…。

 

ここから「かのん」の一途すぎる不倫が始まるのです。

 

 

『あげくの果てのカノン』 第1話

 


 

【あげくの果てのカノン】をじっくり試し読みするなら

 

『まんが王国』

 

がオススメです。

 

『まんが王国』はこちら

 

 

アマゾンで購入

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

【厳選】探偵事務所ランキング